パワーストーンのブレスレットを買ったものの、いったいどっちの手につけたらいいか悩みますよね。

よりパワーが効果的に出てほしいと願っているひとほど、そんな決まりが気になります。

いろいろ調べると、右も左もどちらにも意味が有るようですし、それも人によって違いが有ります。

諸説有るようでどれを取り入れようかも、迷うところです。

ただ、じっさいには、日常つけていて玉が大きい物は利き手と反対でないと正直物理的に不便ですね。

字を書くときにはごろごろして邪魔になりますから。

そうするとなんとなく利き手と反対につける羽目になってしまっています。


実際には右と左にはスピリチュアル的に意味が有るようで、右が「み」という音から「身」で肉体的なものを示し、左は「ひ」という音から「霊」を示すといわれます。

人間は肉体と魂との両面のエネルギーを持っていますので、肉体的にパワーアップをはかるなら右に、魂のパワーアップをはかるなら左という考え方ができます。

あくまでもブレスレットのパワーストーンの働きをどう効果的に起こしていくのかというのは、実は使う人次第なのです。

ご自分のからだの状態や、心の状態にあわせて、いろいろにつけてみるのも工夫があっていいと思います。

一日のうちで付け替えるのもありです。

自分にとって調子のいい方につけるという意識が右か左かを決めてくれることでしょう。

このようなインスピレーションがピンと働くようになるのもパワーストーンの効果でもあると思います