セドナと聞けば、芸能人、そしてパワースポットとキーワードを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

そうですね、2010年に、女性歌手・安室奈美恵さんとお笑い芸人・ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんがラブラブ旅行をして以来、ワイドショーがこぞってパワースポットとして取り上げ、日本でもすっかり有名になりました。
新婚旅行に選ぶカップルも多いようです。

セドナは、州都から2時間以上、というアクセスしづらい場所であるにもかかわらず、アメリカでは以前からスピリチュアルスポットとして有名だったようです。

場所はアメリカ南西部、アリゾナ州にあります。
グランドキャニオンのある場所ですね。
我々日本人にとっては、そちらの方が有名でしょうか。
砂漠地帯、アメリカ48番目の州、インディアン人口が2番目に多い州、20以上のインディアン部族が居住している、ベジタリアン人口が高い、などの個性を持ちます。

カリスマ歌手と有名お笑い芸人がデートの地に選んだことで、日本人観光客がとても増えているセドナ。
パワースポットと聞いて飛びつく前にその所以を考えてみましょう。

ここはかつて、ネイティブインディアンの聖地だったのです。
しかし、現在、セドナにはインディアンの方は居住していません。
なぜでしょうか。
アメリカ政府の政策でネイティブ居住地域が制定され、北部に新たに作られた居住地域に移されたのです。
そして、ネイティブインディアンが最も神聖な土地としていた場所には、近代的な高級ホテルが建設されています。

パワースポットとして有名にはなったものの、本来の姿の保全と、観光地としての開発――これらを両立させる方法は、どこの国でも大きな課題です。

足を運ぶなら、なぜそこが神聖であるとされてきたのか、その所以と歴史背景を知ってからにすると、より深くその魅力を味わうことができます。