身近なパワースポットは近所の神社やお寺ではないでしょうか。

ところで神社やお寺にも、いろいろな名称がありますね。
出雲「大社」、川崎「大師」、目黒「不動尊」、明治「神宮」 などいろいろな呼称がついています。
一方、同じ場所でも佐野厄除け大師とも言いますし惣宗寺ともいいます。

それぞれ整理してみましょうか。

「神宮」・・・本来は伊勢神宮の正称です。
神宮といえば伊勢神宮のことですが、他に○○神宮と名のつく神社は、由緒のある著名な神社に与えられた称号です。

「大社」・・・神宮に準じて由緒のある神社に与えられる称号です。
例えば、出雲大社。
(島根県)富士山本宮浅間大社(静岡県)など。


「神社」・・・神社には、神様がまつられています。
例えば、八幡宮には応神天皇。
稲荷神社には倉稲魂命(うかのみたまのみこと)が主祭神としてまつられています。

通称、お宮とは神社のことで、八幡宮、東照宮など「宮」のつく神社があることに由来します。


「お寺」・・・不動明王、阿弥陀如来、釈迦如来、薬師如来などの仏様を寺院によってそれぞれ主に安置しています。

「不動尊」・・・不動明王の安置されている寺院のことです。

たとえば、筆者の近所にある通称等々力不動尊(東京都世田谷区)とは仏教の真言宗という宗派の、満願寺という寺院の別院で、等々力という地名に不動明王が安置されているので、「等々力不動尊」と呼ばれている、というわけです。

正式名称と、地域の人びとからの愛称ともいえる一般的な呼び名があるのです。