本当に日本には「パワースポット」と呼ばれるところだらけです。

さあ次の週末は パワースポット巡りだわ!と張り切って
たとえばインターネットで「パワースポット 東京」と検索すると、100個以上出てくるものですから、
一体どこに行けばいいのか、ネットサーフィンをしてパワーを吸い取られて終わったら大変です。

そこでお勧めなのが、まずは自宅から一番近い神社に行ってみましょう。

日本全国にはなんと81320社もの神社があるんですって(出典 宗教年鑑)。

全国で最も神社が多いのは高知県で、人口10万人あたり285社、もっとも少ないのが沖縄県で人口10万人あたり0.94社。
これは歴史的な経緯もあると思われますが、一位との違いはなんと300倍近く。

神社の多さとは 重要犯罪認知件数や、性犯罪認知件数と負の相関があるそうです。
神社を地域で支えていくことで、おだやかなやさしいエネルギーが満ちてくるのかもしれませんね。

(注:「神社の多さ」と「犯罪数」は負の相関ですから、神社の少ない沖縄県が最も犯罪が多い、というわけではありません)
自宅から一番近い神社ではつまらない なんてお思いの方??
赤ちゃんが生まれた時のお宮参りも、本来は自宅から一番近い神社に行くのですよ。

たとえば女の子ならばお宮参りは一番近く、三歳の七五三には地域で少し有名なところ、七歳の七五三には明治神宮といったふうに、だんだん出世して大物に近づいて行くものだそうです。

自宅から一番近い神社にお邪魔して、由来や歴史、そこに生えている木々を見てみましょう。
新たな発見がありますよ。