忍たまの各種を揃えました。簡単な通販での買い方も紹介しています

PR







Pocket

忍たまで元気に過ごそうね♪

全然まとまる気は

しませんが
書いてみます
忍術学園学園祭

昨日全日程

無事に終演いたしました
ありがとう
本当にありがとう
今もまだ
あの時
舞台上からみた
みんなの顔が
あの景色が
鮮明に脳裏に焼き付いてます
熱かった
ものすごく
アツかった
そこにいた
一人一人の
想いが集まって
最高の
空間になっていた
キャスト
スタッフ
そして
会場のみんな
ニコ生で参加してくれた
忍たまファミリーと一緒に
作り上げたあの空間
きっと
ずっと
心に残り
これからの人生の
糧になると思います
みんないい顔してました
そして
もう1つ
公式サイトにて
発表があったように
8弾には出演しません
今回の
忍術学園学園祭が最後でした
でも
単なる終わりにしたくなかった
だからこそ
次の世代に
全力で
バトンを繋ぎたいと
奮闘しました
これからも
きっと
ツナがっていく
忍ミュの輪
さらに
大きく
さらに
太く
沢山の人の
元気の源になれますよーに。。。
僕らが
精一杯
役を生きることで
みんなが
楽しんだり
悲しんだり
喜んだり
涙したり
そして
元気になれる
やっぱり僕は
そんな
演劇が
大好きです
僕が
演じた
立花仙蔵
という男性
いつかの取材でも
話したことはあるけれど
ずっと
僕の憧れの存在でした
常に完璧
常にクール
僕自身とはかけ離れてる役
そんな
仙蔵に近づきたいと
思い必死に
アプローチした
得意なアクロバット、殺陣、ダンスはもちろん
歌や話し方、仕草、姿勢
全てをスキルアップするよう努めました
だからこそ
そんな中で
沢山つまづきました
ボロボロになることもありました
でも
そこで
出逢った
最高の仲間
最高の後輩
最高の先生方
最高にアツい海の男たち
いつからか
演じるというより
過ごした時間が
そのまま
役として生きているような
そんな不思議な感覚で
昨日の学園祭を終えました
だからもう
やりきった
これが私です
これが僕らしい 
立花仙蔵
そう思えたことを
誇らしく思います
これが最後の
言葉になるかもしれません
でもいつか
必ず帰りたい
あの場所に
プロ忍として
そんなことを
胸に抱きながら
ソラを見上げています
さて
ブログも長くなったので
締めなければなりませんね
始まりがあれば
終わりがある
終わりがあれば
始まりがある
最後に一言
みんなと出逢えた
私の人生
そして
立花仙蔵
あなたと出逢えた
僕の人生
完璧だ。
 
P.S
そして
やっぱり
ここまで
これたのは
彼がいつもそばに
いてくれたからです

最高の相方

えびちゃんとの
い組で本当によかった
伝えたい言葉は
山ほどあるけど
今はただ
ありがとう
同じSoraの下で
見つけた
ジブンノカケラ
これからは
みんなそれぞれの
光にむかって
これからも
一表現者として一
一演劇人として一
誠実に
生きていこう
今後とも応援のほど
よろしくお願い致します
鐘ヶ江 洸

きれいな忍たま百貨店

ミュージカル『レ・ミゼラブル』マチネ

レミゼの3回目は、レミゼ2017で唯一の1階S席。
今回は期待通り、ほぼほぼマイベストなキャストだ。

中程の席だと、さすがに隅々まで網羅でき、キャストの表情もじっくり拝める。
だが、場面によっては照明が抑えられているのか、舞台全体がかなり暗いこと。
冒頭のガレー船など、誰が誰なのかあまり把握できない。バルジャンと、3列目中央に相葉アンジョらしき人物が見えたぐらい。
一昨年も素晴らしかったが、ヤン・ジュンモのバルジャンはやはり私好み、ナチュラルな存在感に圧倒される。台詞の日本語はアレだが、歌唱力は強弱と明暗のメリハリがズバ抜けていて、自ずと心揺さぶられて涙してしまう。
吉原光夫バルジャンが豪速球なら、ヤン・バルジャンは変化球といったところか。6月に観る福井晶一バルジャンの出来も待ちたい。
和音美桜ファンテーヌは、たおやかさとか弱さが程よいバランスで、3人の中では一番合っている。6月にもう1回、出来れば吉原ジャベールと一緒に観たかったな。
前半の工場のシーンでも上手2番目に発見したが、昆夏美エポニーヌは一昨年よりも大人っぽくて、ほんのり色気も感じられる表情。表現力も豊かで細やかな芝居。伸びやかで艶っぽい歌声の「オンマイオウン」は3人の中でもピカイチだ。さすがレミゼ場数を踏んでる猛者。昆さんは映画「美女と野獣」の吹替でも人気が出たのか、結構名前が知られていた模様。
そしてプレビューでもビックリしたが、生田絵梨花コゼットの回だと、紳士用トイレの列が長くなる気がするw。
生田コゼットはソロは綺麗だが、デュエットのハモリは綺麗に聞こえてこないのでまだまだかな。
初見の内藤大希マリウスは、背筋が伸びて思ったより低めには見えない。
ファンテをジャベールが咎める場面では愉しそうにニヤリと笑みしてたり、ブリュメ街でヤッホーと喜んでジャンプしたり、息絶えるエポを抱き締めながら顔をくしゃくしゃにして哀しんだり、テナルディエに踏み付けられたり、テナルディエを物凄い形相で怒り殴ったりと、内藤大希くんの喜怒哀楽を一度きに拝めた3時間。とにかくこれまでと比べて異色のマリウスで、表現力は抜群。何をしでかすんだろうと、つい目で追いたくなる魅力はある。
歌は大劇場風にしっかり変えてきて、声もよく伸びているが、歌唱力に関しては他の2人より1ランク下がるかな。
2度目の相葉裕樹アンジョルラスは、ガレー船から姿が分かり、長身なのもあって場ごとによく目立つ。歌はそつなくこなすので、今後はスタミナとモチベーション次第か。
アンジョはずっと厳しい顔付きだから、後半の祝宴場面で給仕としてトボけた顔でプレートを拾ったり、奥で音楽に合わせて脚ダンスしたりと、やっといつもの表情を見られてホッとさせる。どうやらカフェソング後に、メイクを変えているようで、カテコのアンジョも優しい表情に変わっていた。
今回、一番観客を沸かせたのはやはり森公美子のマダム・テナルディエ。ボリューム感たっぷりの歌唱と、コケティッシュな芝居はさすが圧巻。居酒屋でバルジャンを迎える時、デカイオッパイを強調したり、香水を撒き散らしてヤン・バルジャンをむせさせたり、いちいち笑いを誘うパワーも素晴らしい。
ただ、テナルディエとのバランスで、個人的には綺麗な鈴木ほのかマダムの方が好みかな。
橋本じゅんテナルディエはまだ遠慮してるのかやらないが、KENTAROテナルディエは下水道のマリウスを思いっきり踏みつけていたね。酔っ払うような歌い方も快調だ。
今回のガブローシュは、綺麗な顔立ちの大西統眞。名前に覚えがあるなと思ったら、2年前のミュージカル『忍たま乱太郎』に出ていて、荒牧くんや北園くんらと共演していた子だった。大きくなったな。大西ガブはあまり表情を崩さないクールな芝居で、カフェソングで皆と一緒に蝋燭を消す仕草がなぜか色っぽく見えた。15年後位にはマリウスとか演っていそうだ。
マチネのカーテンコールで何が嬉しいかって、ガブローシュやリトルコゼットやリトルエポニーヌが出てくること。やはり全員が揃うのは気分いい。
そしてカテコ2度目3度目では、たいていバルジャンが子役達と手を繋いで出てくるのが面白い。ヤン・バルジャンの表情もくにゃくにゃ。
アニメ『マジェプリ』ファンとしては、期待通り相葉アンジョと昆夏美エポが手を繋いでいるのが嬉しい。主人公と主題歌が時空を超えて合体したのだ。待ちかねた一瞬を目に焼き付けた。
ラストカテコはバルジャンが独り出てきて、緞帳をゆっくり挙げると、みんなが並んで待っている、というパターンにするのが定番かな。スタオベもしやすい。

次のレミゼの観劇は6月、日本初演30周年スペシャルウィーク。
チャリティー寄付金も含まれチケット代も高いが、特別カーテンコールを楽しみにしたいと思う。

PR







コメントは受け付けていません。