パワーストーンブレスレットに願掛けをするとき

パワーストーン ブレスレット
Pocket

人の願いというのは際限がありません。
そもそも努力もしない、人のためになる行いもしていない人に良い運気が訪れるのでしょうか?考えてみれば石の浄化の前に、人として心を浄化する必要があります。
日々、こうして生きていられること自体に感謝し、何もできなくとも世の中や人が良くなりますようにと願えるあなたになることです。
その氣持ちが持てたときに、あなたのもとに訪れたパワーストーンの本来の波動が花開き、あなたの人生に関わり良い影響を放ち始めます。
パワーストーンを買って、すぐに効果効能を求めたり、身勝手な願掛けをしたりする事自体が、邪心に満ちています。
従って、パワーストーンを使って真剣に願掛けをするならば、人との付き合いと一緒で、順を追うことです。
相性が良さそうだと選んだパワーストーンブレスレットがお手元にきたら、まずその石との出会いに感謝し、ブレスレットと「同調」しましょう。
「同調」とはそう難しいことではありません。
その石と「仲良くなる」と考えたら良いのです。
まずはその石をよく見つめます。
そして触ってみます。
できれば毎日装着して、すてきだな、かわいいな、いい感じだなといった氣持ちをかけてあげます。
そうすることによって次第に「同調」してきます。
すなわち「氣にいる」という現象がおきます。
まさによんで字のごとしで、ここで氣が入り、はじめて同調するのです。
石が持ち主の氣と同調し、働く意欲が生まれてきます。
そうなってはじめて持ち主の「願掛け」を聞き入れてくれるものなのです。

関連記事
トラックバック
トラックバックURL